読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになりたいから読書を始めるよ!

ときどき長文あり。読んだ本で気に入った言葉を紹介!

田中美穂「亀のひみつ」

亀が畳の上を走ったり、布団にもぐったりしてる写真が紹介されてて、「室内でも飼えるんだ」と思いました。

あと亀は性染色体を持たず、卵が孵るまでにさらされる温度によって性別が決まるんですって!
(温度が高いとメスで、低いとオス)



亀のひみつ

亀のひみつ

梶山富蔵「小品盆栽をはじめよう」

盆栽は樹形、花や葉色だけでなく、鉢との相性、棚や台とのバランスなど、総合的な美しさが求められます。

また野山の風景をイメージしながら遊び心を加え、左右対称にせずあえて軸をズラす方法も、美しい空間を作り出すのです。

盆栽の魅力がよくわかる1冊!



堀博美「きのこる キノコLOVE111」

古今東西のキノコネタが満載!

えのき茸焼酎、平成椎茸スナックなる商品があるんですね。あと松露という高級きのこがあるのを初めて知りました。

錬金術「賢者の石」はベニテングタケ

クラーク・ハインリックによると、

  • 聖なるものとして様々な民族が利用
  • 幼菌の頃は白い卵(誕生のシンボル)
  • 神聖な木シラカバと共生関係

など、ベニテングタケと賢者の石には共通点が多いそうです。

4分33秒ジョン・ケージのきのこ愛

現代音楽の状況を考えるより、現代の茸が直面している問題を見極めることの重要性を訴えたり、

「サティは汲み尽くしがたいものです。茸のように」
「私はキノコを探している時に、鈴木大拙の禅の思想を理解した」

という言葉を残していますwww



きのこる キノコLOVE111

きのこる キノコLOVE111

河岸宏和「外食の裏側を見抜くプロの全スキル、教えます。」

・ニセモノ食品は貧しい時代の名残。食品業界だけ「戦後」が終わっていない。

・コンビニは正直です。正直だから、使っている添加物を全部書いている。ところが外食産業は表示をしなくてもいいのです。

安さよりもおいしさに重点をおこう!。



古谷充子「問屋街さんぽ」

問屋街に目覚めると買い物人生も変わる!

古谷充子さんのカラフルなイラストが素敵で、それを見てるだけでも幸せな気分になれますよ(*^^*)



休みをとってでも行きたい問屋街さんぽ

休みをとってでも行きたい問屋街さんぽ

田中康弘「猟師食堂」

単にジビエ料理を出す店は数多くありますが、猟師が直接営む店は限られています。

料理をする人間が実際に猟師ですからね。捕ったものに対する物語を話せるじゃないですか。お客さんも単にジビエ食べるだけじゃなくて色々なことを聞けるんですよ。


猟師食堂の世界へようこそ!


ジビエ料理のイメージが覆る!

狩猟が盛んな地域では、質の悪い余った獣肉を猟師が配り、それを食べた人が「獣くさい」と感じて獣肉の悪評が広まったそうです。

しかしこの本で紹介されているのは、

  • 鹿の背ロースのグリル
  • キジの昆布シメ
  • 猪のシューマイ
  • 猪のカツカレー
  • キムチ風猪鍋

など、うまそうな料理がたくさん!


本書は単なるジビエ料理本ではない

  • 狩猟者の後継者問題
  • 撃たれた鹿のほとんどが廃棄処分
  • ただ殺す行為に補助金が支払われいる

など、現代の狩猟問題を学べます。



猟師食堂

猟師食堂

かのよしのり「スナイパー入門」

猟銃を所持するための手順、狩猟に適した道具、鹿の解体の仕方などなど、狩猟を始める方法を1から説明してくれています。

自分が狩猟をしたいと思う都道府県に狩猟税を払わないといけないんですね。そんな税金があるなんて知らなかった!



スナイパー入門―シューティング超初級講座

スナイパー入門―シューティング超初級講座