幸せになりたいから読書を始めるよ!

ときどき長文あり。読んだ本で気に入った言葉を紹介!

石徹白未亜「できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。」

270冊目到達。えらいえらい(*^^*)
280冊目指して頑張ろう♪

自分の乳首からレーザーを出して前を歩いている人の心臓を打ち抜く

猫背な人はこのイメージを描けば、単なる「姿勢をよくしよう」よりも自分に響くという指摘に納得!

実際にやってみると、胸が開いて背筋も伸びますね。






僕はかなりの猫背なので、いい加減改善したいと思っています。

普段の自分を見つめ直すと、無意識に体が前に傾いていることに気づきます。

洗い物をする時やスマホを見る時、トイレで大をする時などなど。

あらゆる場面で前かがみになっているので、そりゃ猫背になりますね。

かといっていい姿勢をキープしようとしても、よくて10~15分。

スキマ時間に意識的に背筋を伸ばすわけですが、それが終わって別のことを始めるともうダメですね。

姿勢のことなんかすっかり忘れてしまいます。

その状態が何時間も続いて、肩が痛い腰が痛いにつながります。





姿勢キープはなぜ続かないのか。

「腹筋と背筋が弱いからでしょ?」と言われれば元も子もないですがw

姿勢維持が疲れるのと、あとは飽きるんですよね。

最初の5分は一生懸命やりますが、20分30分経つとめんどくさくなる。

本書で石徹白未亜さんが提案された、「自分の乳首からレーザーを出して前を歩いている人の心臓を打ち抜く」イメージで道を歩くのは、想像するだけでも楽しいです。

頭の中でシューティングゲームを行っている感じでしょうか。

「ボガーン!」と爆発音を付け足すのもいいでしょう。

ガタイのいい人が向こうから歩いて来たらボスキャラだと思い、「ビームを連発しないと倒せない!」みたいな設定をするみたいな。





ストレッチや筋トレの本でエンタメ性に溢れるものはない

本書はその類の本ではありません。

「できる男は姿勢がいいですよ」という意味でこの提案をされています。

それでも僕は、エンタメ性のある姿勢改善法に新鮮さを感じました。

具体的なイメージを持たせて説明することは、どの分野でも大事です。

それが姿勢維持にも応用できるとは、思いもつきませんでした。





単に「背筋を伸ばしましょう」といわれるよりも、「自分の乳首からレーザーを出して~」と言われた方が心を動かされます。
皆さんもぜひ本書を読んで、姿勢改善にチャレンジしましょう!



できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。   会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術

できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術