読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになりたいから読書を始めるよ

読んだ本の中で気に入った言葉をご紹介♪ このブログを読んだ人に幸せをおすそわけします(*^^*)

小山竜央「難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!」

自分の商品やサービスは、お客さんに「自分の悩み」を気づかせることから始まる。

商品を売るときのコツは、

  • 最初に売らない
  • 承諾を得る
  • 売る

最初にするべきことは、売ることじゃなくて体験させること。

次の段階で大事なのは、体験してもらった相手に対して「これに興味あるの? ないの?」と聞くこと。

興味がある人には、「ちょっとだけ簡単に商品説明をしてもいいですか?」と承諾を取ってから話をする。

興味がない人なら、諦めて次へ行く。

「ズボラな独身が部屋を一日10分でキレイにキープするメソッド」を売るとき。

  • 独身男性に「掃除に興味ある?」と聞く
  • ちょっとしたテクニックを教えたり、1か所だけ掃除をしたりする
  • それにお金を払うかは、相手の判断

モノを売るときはセールスではなくヘルプを意識する。

商品を売るときに、体験者のコメントを見せる。お客様の笑った顔と一言コメント感想文だけでいい。

初めての場合は家族や友達にコメントをお願いする。


新しいジャンルの商品、サービスを考えろ

「ズボラな独身男手も毎日10分で部屋をキレイに保つ方法」をセミナー形式で教えるとして、ついでに恋愛コンサルを結びつけるといいかもしれない。

「ズボラな独身男性が部屋をキレイにするだけで、3ヶ月で彼女を作れる方法」をプロデュースするとか。

ヒット商品は、既存ビジネスの組み合わせから生み出される。
「まだない」新しいジャンルの商品・サービスなら平均相場よりも価格設定を高くすることもできる!


本を買うときは、自分とバックグラウンドが似ている人が書いた本を選ぼう。

有名経営者の成功事例を読み漁るのではなく、同じ年代・同じ職業・同じ経歴の人の成功事例をモデルケースにする。

「ペライチ」というサイト。一つの商品につき1個だけのページを無料で作れる。