読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになりたいから読書を始めるよ!

ときどき長文あり。読んだ本で気に入った言葉を紹介!

藤本隆「印刷発注の基本がわかる本」

連数計算

発注連数=(1冊のページ数÷全判1枚から取れるページ数)✕(印刷部数÷1000)✕(1+予備紙率)

例えばB5、本文72ページ、予備紙率5%の冊子30000部の場合は、
72÷32✕30000÷1000✕1.05=70.875連

オフセット印刷の上限部数と下限部数

オフセット印刷は刷版を作ってセットし、インクを調整し、試し印刷で印刷位置や色味をチェックするなど準備にかなりの時間と手間がかかるため、ある程度の部数を刷らないと生産効率が極端に悪くなります。

下限部数以下では費用が下がらないばかりか、無駄な印刷物が大量に発生することになりますから、これに近い部数設定をする印刷物ではオンデマンド印刷など、オフセット印刷以外の方法を検討すべきでしょう。

実務入門 印刷発注の基本がわかる本

実務入門 印刷発注の基本がわかる本