読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになりたいから読書を始めるよ!

ときどき長文あり。読んだ本で気に入った言葉を紹介!

安保徹「疲れない体をつくる免疫力」

仕事の疲れは「仕事中に取る!」が基本 疲れをためないためには、疲れが発生したその時、直後に、こまめに取る習慣をつけられるかどうかが勝負です。「運動する時間がない」 「スポーツクラブに入ったが、通えなくて退会した」そうした話をよく聞きますが、…

スピッツ「旅の途中」

マサムネの歌は高いキーで、もっと張って歌ったほうが聴き手に届くよ 日本が誇るべき変態バンド、スピッツ。J-POPの代表として祀り上げられてますが、歌詞の世界観は全くもって健全ではありませんwそれは置いておいて、スピッツが売れるキッカケになったのは…

高城剛「カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ!?」

カジノとIR、ふたつの道 IRの真髄は、税金を使わずに街のランドマークをつくることだ。あくまでもカジノは、巨額投資をしてもらう企業への担保に過ぎない。そして、そのカジノの顧客は、成熟した都市であるならば、自国民であってはならない。これが、すべて…

コナカノタカコ「3か月で旦那さんのお給料から卒業する」

「お金がないから出来ない」を捨てる 20代の頃は、自分自身の生きづらさを抱え、それを治すことに必死で、病院にもたくさん通って、自分を甘やかすことで、何とか自分を慰める生き方をしていました。お金の使い方も、後先考えずに、衝動的に欲しいものを買っ…

レイザーラモンRG「人生はあるあるである」

120冊目到達。えらいえらい(*^^*) 130冊目指して頑張ろう♪ * 東日本大震災が起こった日 僕にできることは何だろう。考えた末に、ツイッターに書き込んだ。「辛い思いをしている方が少しでも笑顔になれたらと思って、あるあるをつぶやきます。不謹慎だと思う…

菅家伸(かん吉)「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」

商品名になりがちな紹介記事のタイトルを「将来の快適な生活」にしてみる ワイヤレスマウスの便利さを伝える記事を書く場合、「ロジクールLXP-20がすごい便利な件」だと、「自分には関係ない」とスルーされがちになります。 検索エンジンで上位表示できれば…

水津陽子「日本人だけがしらないニッポンの観光地」

アジアの常識は、「桜と言えば韓国」!? 日本の桜の名所として有名な奈良の吉野山、桜の本数は3万本です。一方で韓国随一の桜の名所、鎮海(チネ)という町の桜の本数は、10倍の34万本なんだとか。将来的に韓国の桜の情報が広く伝わっていけば、そのうち「桜…

DaiGo「好きをお金に変える心理学」

「こういう心理学者が、この本の中でこういうことを言っていて、この理論を応用すればこんなことができます」といった話をすると、みなさんすごく喜んでくださるし、紹介した本もばんばん売れるようになります。 いやーなるほどなーと思いました。このブログ…

千田琢哉「非常識な休日が人生を決める。」

オンはゆったり、オフに没頭。 私はサラリーマン時代からずっとこの調子だった。仮に会社の始業時間移行をオンと考えると、私はそれまでに "やらなければならない" 仕事はすべて終わらせていた。始業時間前に仕事に没頭し、逆にいわゆるみんながオンの時間に…

中村穂「正しい値決めの教科書」

結局のところ、ある商品に対する会社の方針(価格を下げて市場独占を狙うのか、安定した高収益を狙うのかなど)を先に決めないと、適正な値段は出せないということです。いいなと思ったのは以下の文章。 原価に、販売費および一般管理費に、財務費用……種類の…

小林直樹「だから数字にダマされる 若者の○○離れ、昔はよかったの9割はウソ」

若者が海外旅行に行かなくなったのは本当? 1996年に20代だったのは1967〜1976年生まれで、1900万人を超えます。一方、2015年の20代は1986〜1995年生まれで、なんと1274万人。20代人口が少ないのだから、当然20代の出国者も少なくなります。実数ではなく割合…

小山竜央「難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!」

自分の商品やサービスは、お客さんに「自分の悩み」を気づかせることから始まる。 商品を売るときのコツは、 最初に売らない 承諾を得る 売る 最初にするべきことは、売ることじゃなくて体験させること。次の段階で大事なのは、体験してもらった相手に対して…

速水健朗「バンド臨終図鑑 ビートルズからSMAPまで」

チェッカーズ 彼らが解散を決意したのは、解散の約1年前。年末から翌年頭のレコーディング中に、フミヤからメンバー全員の前で「解散したい」という旨が伝えられた。それに同調したのは武内、尚之、大土井の3人。鶴久、徳永の2人は保留、高杢は解散に反対だ…

古舘伊知郎、齋藤孝「言葉のおしゃれデスマッチ! 日本語「息」「活」「粋」(イキイキイキ)」

質問上手はコミュニケーション上手 古舘 格闘技っていうのは昔から好きで、普段から見ているから、あまり準備しなくてもよくて、慌てて資料整理する必要がないんですね。でも、普段見ていないものの実況を単発でやるときは、ある程度のことを知っておかない…

内海聡「99%の人に伝えたい この世界を変える方法」

110冊目到達。えらいえらい(*^^*) 120冊目指して頑張ろう♪ 中央銀行制度 2001年の米同時多発テロ事件以前は、政府が中央銀行を許可していない国は世界中に九カ国あった。イラン、イラク、スーダン、キューバ、リビア、北朝鮮、アフガニスタン、シリア、パキ…

宮本語録集1988-2013

よくブチ切れしてるイメージが強い、エレファントカシマシ宮本浩次さんの名言集。1番面白かったのは、 火鉢は暖房器具として使ってたんですよ。 一酸化炭素中毒になりましてね。….何考えてたんでしょうね! っていう謎すぎる発言wあとは初期のトガりまくって…

岩佐十良「一度は泊まりたい有名宿 覆面訪問記」

一度は泊まりたい有名宿 覆面訪問記作者: 岩佐十良出版社/メーカー: 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/05/28メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 13回この商品を含むブログ (2件) を見る 宿探しって難しいですよね。値段が高い分慎…

「巨石巡礼 見ておきたい日本の巨石22」

南米やエジプトに行かないと見れない巨大な石が、この日本にもあるんだというのが一番の発見でした。その中には星や太陽の動きを観測してたものもあるので、昔の日本は想像以上に科学が発達していたんだろうと思われます。そもそもこんなバカでかい石を、ど…

斎藤一人「変な人が書いた成功法則」

斎藤一人さんは名前こそ知ってたものの、なんとなく読む気にはなれませんでした。なんか胡散臭いなーと勝手に思っていたんだと思います。なので初めて斎藤一人さんの本を読んでみたんですが、一言でいうとすごく良かったです。読んでて気持ちが暖かくなりま…

石原慎太郎「天才」

謎なのは、なんでこの本がベストセラーになったのかというのと、石原慎太郎がなぜ旧敵の田中角栄のことを、しかも一人称形式で書いたのかということ。内容うんぬんに関しては、石原慎太郎が角栄になりきって(?)文章を書くというトンデモ企画なので、どん…

天野暢子「伝え方のプロが教える 売上倍増販促物の作り方」

内容がわかるビジュアル・1文を入れる 単にタイトルが「会社案内+社名」だけの表紙だと、どんな会社のパンフレットなのかわかりません。どんな業態なのか、あるいはどんな販促物なのかが直感でわかれば、安心して受け取ることができます。 「えっ?」と驚か…

仲山進也「あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか」

究極の自動販売機の道を目指す(徹底的なコスト削減)よりも、それとも究極の対面販売の道(コミュニケーションや魅力的なコンテンツを重視)を目指したほうがいいですよっていう本。消耗戦を抜け出せたお店の実践事例を読むと、お店とお客さんの暖かいやり…

木津直昭「肩こり・腰痛が消えて仕事がはかどる究極の座り方」

車の座席シートは95〜100度の傾きだと肩や腰への負担が少ない。 キーボードとディスプレイの間に本を置くと猫背にならない(キーボードと体の距離を離しすぎない)。 肩や腰のガンコなコリは、筋膜が癒着しているのが原因。意識的にストレッチを行う。 マウ…

小林重順「実践カラーデザイン」

商品イメージなどの計画に役立つ「イメージスケール」(ダンディな色の組み合わせ、ナチュラルな色の組み合わせなどを体系化したカラーチャート)を作った小林重順(こばやししげのぶ)さん。ある街には歴史の中で育まれた色のアイデンティティがある(○○の…

古舘伊知郎「喋らなければ負けだよ」

100冊目到達。えらいえらい(*^^*) 110冊目指して頑張ろう♪ * 苦手な相手には逃げずに相手の懐に飛び込む戦法 アントニオ猪木さん曰く、プロレスラーがキックボクサーと試合をする時、パンチキックが怖いからといって間合いを離すと、ボクサーはガンガン殴っ…

篠遠泉・長岡努「温泉遺産の旅 奇跡の湯ぶくぶく自噴泉めぐり」

湯底から自然に湧く温泉、加水・加温のない温泉を奇跡の湯と定義し、全国のぶくぶく湧き出る温泉を紹介した本です。福島県の温泉は、東日本大震災の影響で湯温や湯量が低くなってしまった場所が多いんだなと思いしみじみ。個人的に気になったのは、西の横綱…

暁玲華「幸せを呼び込むパワースポット」

日本全国のパワースポットを、浄化、愛情、仕事・人間関係、健康、金運、才能にカテゴリ分けして紹介しています。どこか1つと言われたら、とりあえず伊勢神宮に行けばいいそうです。おうちで簡単開運術も紹介されているので、やってみたいところ。玄関を入っ…

長坂斉「難聴・耳鳴り・めまいは『噛みグセを正せばよくなる』」

ティッシュを丸めて噛むだけ ティッシュスティックのつくり方 ティッシュペーパーを1枚用意し、縦半分に折る。 1をもう一度縦半分に折り、縦4つ折りにする 2を端からグルグルと巻いていく 棒状のティッシュスティックのできあがり トレーニング1 回し噛みト…

holon「シンプル+スッキリ=ラクチン」のもの選び

"工数" を意識して片付けやすく取り出しやすい収納場所を作る とあるメーカーに勤めはじめてから10数年。その間にも会社の仕事は少しずつ効率化され、無駄が省かれてきたと感じます。仕事を通じて作業効率を考え、ひとつの仕事が終わるまでの工程の和="工数…

沖幸子「ぞうじの超カリスマが書いた キレイな部屋の基本」

窓ガラスがピカピカのコツ 雨が降った翌日の午前中は、汚れが湿気でゆるんでいるのでラク。 ぬるま湯で絞ったタオルでガラスをふき、ガラスの表面に水分が残っている間に、乾いた新聞紙で磨く。 レール部分は、乾いたままホコリを掃き出してから、ぬれたタオ…

松原秀樹「肩甲骨をゆるめる!」

胸を開いて、背筋と僧帽筋を縮めて、肩甲骨を後方に戻す運動 いずれも回数の目安は、最低量です。症状が重いときは、できれば100回以上を1セットにして、1日に何回か行うことをオススメします。呼吸は、胸郭が広がるときに息を吸い、胸郭を閉じる動きに合わ…

武笠公治「下半身の痛みは臀筋のコリが原因だった!」

自重押しプログラムを始める前に まずは、腰痛やひざの痛みなど、下半身の症状に効果的な「自重押しプログラム」です。ゴルフボールの入った「自重押しバッグ」を臀筋や大腿四頭筋などの腰周りの筋肉に当てて、姿勢を少しずつ変えてみて、痛い場所を探します…

梶本修身「すべての疲労は脳が原因2」

30回噛んで食べると疲れにくい よく噛まないと唾液が分泌されませんが、それが疲労回復を妨げてしまうことがあります。唾液にはアミラーゼなどの消化酵素以外にも、ペルオキシダーゼという酵素が含まれています。このペルオキシダーゼは抗酸化酵素の一種で、…

福島徹「福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密」

自分がお客様の立ち場になってとことん想像してみる 例えば、地元のメーカーの醤油を棚に並べるとします。これは希少品で、自分のスーパーにしか置いていないとしたら……。 この醤油の存在に気づいてもらうため、POPにやや大きめの字で「地元にしかない醤油で…

青木恵「1日15分 ナチュラルおそうじBOOK」

90冊目到達。えらいえらい(*^^*) 100冊目指して頑張ろう♪ 週に一度はふきんの煮洗い キッチンで使うふきんは、汚れが気になるもの。漂白剤を使うのもいいのですが、環境に負荷をかけずに真っ白になるのが、煮洗いです。やり方は簡単。手鍋にお湯を沸かして、…

島本美由紀「時間とお金がもっと増える! キッチンお片づけ」

まずは冷蔵庫の中を整理しましょう、掃除はその後でという本。前半部分は本書を読んで頂くとして、後半の掃除術から参考になったものを引用します。 「ついで」でできる掃除術 掃除はすべてをまとめてやろうとすると疲れるし、たまった汚れを目の前にすると…

小松易「男の部屋の整理術」

トイレの使用〜掃除の流れをクセにする 面倒で気の進まないトイレ掃除は「週に1回しっかり」よりも、「用を足すたびに数秒」のほうがずっと簡単です。トイレットペーパーでひと拭きするクセをつければ、自然にプラスαの動作が生まれます。 トイレに入る 用を…

成岡明彦「神眼の麻雀 山を透視して勝つ技術」

神眼の麻雀 山を透視して勝つ技術作者: 成岡明彦,福地誠出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2016/04/02メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る打牌選択は非常識なんですが、その根拠は非常に論理的で最高でした。勉強にはなるけど…

西川潔「屋外広告の知識 デザイン編」

覚えられる情報量 知らない土地で道を聞いた時に、親切に長々と教えてもらっても覚え切れなかった経験はないだろうか。人が短時間で覚えることができる量には限界がある。道を聞いて簡単に覚えられる量は「3項目」までである。「この先に橋がありますからそ…

桜井輝子「日本の色 売れる色には法則があった!」

日本の色 売れる色には法則があった!作者: 桜井輝子出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2016/06/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る * 明度対比 背景の明暗が異なる場合、同じ色でも、明度の高い背景色(白)の上の色は暗く見え、明度の低い背…

藤本隆「印刷発注の基本がわかる本」

連数計算 発注連数=(1冊のページ数÷全判1枚から取れるページ数)✕(印刷部数÷1000)✕(1+予備紙率)例えばB5、本文72ページ、予備紙率5%の冊子30000部の場合は、 72÷32✕30000÷1000✕1.05=70.875連 オフセット印刷の上限部数と下限部数 オフセット印刷は刷…

須田剛一✕マスク・ド・UH「洋ゲー通信AirPort51」

ファミ通で連載していた洋ゲー(海外のテレビゲーム)に関するコラムをまとめた本。会話のノリが楽しいですし、洋ゲーの分析も興味深いものが多くて参考になります。日本のゲームと洋ゲーの違いは、突き詰めると日本とアメリカの文化の違いに行き当たります…

ジャンプスクエア2月号

・ToLOVEるダークネス ハーレムに対して否定を表明したリト。 そんな中、ヤミに続いて春菜もリトに告白。リトの返事は邪魔が入ってうやむやになるんでしょうが、ハーレム化計画に対してはどのような回答を示してくれるのでしょうか。・新テニスの王子様 仁王…

近代麻雀2月1日号

・アカギ いらない牌を切ろうとしたら、「石のように重くて動かない」と言ったり、白をポンしようとしたら、「手牌の白が城壁のように倒せない」と言ったり…もはやアカギは「どれだけ話を引き延ばせるか」というゲームになってますよね。・麻雀小僧 闘牌描写…

細谷正人「Brand STORY Design ブランドストーリーの創り方」

80冊目到達。えらいえらい(*^^*) 90冊目指して頑張ろう♪ 売り場で文脈を感じるストーリー BACH(バッハ)「ブックディレクター 幅允孝氏の仕事」 東京の伊勢丹新宿店本館の地下2階にある「ピューティアポセカリー」の情報発信ゾーンに、約1000冊の本を並べた…

神田昌典「もっとあなたの会社が90日で儲かる!」

広告宣伝 俺の目の前にいるお客に、買ってもらうのに必要なスキルは、説得術。 俺の目の前に、お客を引っ張ってくるのに必要なスキルは、広告宣伝。まずは見込客。 そこを増やさないと既存客やリピート客は増えません。 売れる広告と売れない広告の違い 売れ…

松澤萬紀「100%好かれる1%の習慣」

泣きたいほど嬉しかった、横内祐一郎会長(フジゲン株式会社)のひと言 「キミは、とてもいい目をしているね」と声をかけてくださったのです。私はこの言葉をかけていただき、泣きたいほど嬉しくなりました。まさか横内会長にほめていただけるとは、思っても…

すごろくや「ボードゲームカタログ201」

ボードゲームとは? かつては日本でも、非常にたくさんの国産ボードゲームが家庭で遊ばれていました。ピーク時の1980年代には、人気キャラクターやテレビ番組とタイアップしたものや、その時々の流行を取り入れたゲームが数多く作られています。しかし家庭用…

佐々木裕平「【入門】お金持ち生活のつくり方」

【入門】お金持ち生活のつくり方作者: 佐々木裕平出版社/メーカー: こう書房発売日: 2016/01/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 投資 貯金は将来の消費とイコールなので、長期的に見るとお金は増えていません。 お金を増やすに…

小川孔輔「しまむらとヤオコー」

埼玉県小川町が生んだ2大小売チェーン この30数年間で、大手流通業と太刀打ちできそうもなかった両社が、現在のような成功を勝ち得ることができた理由を知ることは興味深いテーマである。両社が歩んできた道のりをから回顧してみることは、近年めざましい躍…